洗顔による顎ニキビの改善について

顎ニキビは、一度できてしまうと繰り返してしまうという特徴があり、原因の1つとして手で触るなど雑菌が付きやすいことがあります。顎ニキビは、悪化をしてしまったり、なかなか治らないような場合には医療機関での治療が必要になりますが、日常的に正しいケアをすることで改善を図ることができるようになります。
改善に最も基本となる方法として洗顔があります。洗顔は、正しい方法で行うことで初めて肌に適度な潤いを与え、効果を得ることができます。反面、強く洗い過ぎたり、過度に回数を多くした場合には逆効果となってしまうために、行う場合には事前に方法を理解しておくことが大切なことになります。洗顔による方法では、できるだけ肌に刺激を与えず不要な汚れだけを洗い流すことがポイントとなります。そのために、まず手を良く洗う必要があり、手に付いた雑菌を石鹸等で落としてから行うことが大切になります。2つ目としては、使用する水の温度があります。清潔さを保つためには通常の温度の水でもある程度の効果を得ることができますが、できるだけぬるま湯で行う必要があります。先に肌を湿らせておくことで汗やほこりを浮かせることができ、湿らせておくことで洗顔料が直接触れることも防ぐことができるようになります。温度としては32~38度が適温となり、人肌より少しぬるめの感じが目安となります。
顎ニキビでは、通常のニキビと同様に洗顔後のすすぎも大切になります。クレンジング等がしっかりと行き届くことも大切な要素の1つとなりますが、ここでは、きれいに洗い落とすことが改善につながることになります。