顎ニキビ、洗顔ではこすらないように注意

近年、大人の女性たちが悩まされている顎ニキビ、思春期ニキビとは違って、口周りやフェイスラインに沿ってできる大人ニキビの別称ですが、顎に大きな赤く地腫れしたニキビがぼこぼこと出来てしまい、痛みを伴って深刻なコンプレックスとなってしまっている女性が増えています。口周りや顎は、毛穴も小さく、インナードライ状態となりやすい部位でもあるので、ホルモンバランスが崩れ、皮脂分泌が盛んとなってしまうと、たちまち毛穴詰まりを起こし、ニキビへと進行してしまいます。顎ニキビは、肘をついたり指先で無意識に触ってしまったりと、外部からの接触摩擦も多いところなので、どうしても症状が悪化し、なかなか治らなかったり、黒ずみや赤みなどの色素沈着を起こしてしまうことも多いのです。できるだけ患部に触れないようにすると同時に、顎ニキビに特化したスキンケアを行い、できるだけ早期に治してしまいましょう。スキンケアの基本は洗顔です。スキンケアコスメの美容成分を、肌へしっかりと浸透させたいのであれば、余計なものが肌の上に乗っていない状態に整えることが何よりも大切です。顎ニキビのできている肌は、ターンオーバーが正常に機能していないことが多いので、ピーリング成分が配合された洗顔料を使って、いらない角質層も綺麗に剥がしてしまいましょう。洗顔の際には、絶対にこすらず、たっぷりの泡で包みこむように洗いましょう。きめ細かな泡が汚れを巻き込み取り除いてくれます。