生理前の顎ニキビに効くのはどっち?皮膚科と薬局の市販薬

顎ニキビには薬が有効です。
皮膚科や婦人科で処方されることが多いですが、この薬って何?
ニキビを効果的に早く治すため、薬について考えてみましょう。

・市販薬と病院の薬
医薬品は、医師しかとり扱うことができない、医療用医薬品とドラッグストアなどで市販されている一般的医薬品があります。
ニキビ薬としてはディフェリン、リンデロンなどが医療用医薬品にあたり、オロナイン、クレアラシルなどが一般用医薬品にあたります。
そして、これらは全て薬そのものなのです。

・塗り薬と飲み薬の違い
塗り薬には殺菌成分と抗炎症成分が含まれています。
直接殺菌をして、乾燥させ、炎症を抑えます。
医療用の方が高い効果が期待されます。

飲み薬の場合、一般用医薬品にもある肌の状態を整える製品(チョコラBB)などは、ニキビに直接効くのではなく、正常な肌に戻す効果が期待できます。
一方、医療用医薬品は直接炎症を抑える事ができる抗生物質の場合が多く、飲み薬の場合、一般と医療用では大きな差がでます。

・できたニキビにだけ有効
薬は、できてしまったニキビを抑えることが治療の目的です。
女性で生理前に必ずニキビに悩まされる方がいます。
これは、子宮の働きで、女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなるため、脂肪の分泌が多くなるからです。

その時に効果的に薬を使うことで、生理前の顎ニキビも悩まなくて良いことになります。
ただ、薬に関しては、婦人科で相談をして、薬局などで市販のもので良いかを確認してください。
顎ニキビで悩んでいる方の中で、根本的にホルモンバランスが悪い方もいらっしゃいます。

この場合、病院での治療で、ニキビだけではなく、ホルモンの治療をすることで、顎にできるニキビが激減することがあります。
それでも、薬と言えば、簡単にドラッグストアにいくことが多いですが、本当にキレイな肌にしたいのなら、皮膚科などにいくのがいいんですよ。

薬局でニキビ用の薬を買おうと行ってみたら、理想的なスキンケアがニキビに有効と薬剤師に進められることがあります。
顎ニキビの場合、繰り返すことが多いのですが、できちゃったニキビを治すことだけではなく、できないようにする肌作りも大切です。

病院に行かずに市販薬で顎ニキビを治す時、無添加のもの(副作用が心配)や美容成分のものが多いものを手にすることをオススメします。
少し割高かもしれませんが、ニキビ跡を残さず、いつまでもキレイな肌を保つことができます。
それと使い始めは、ニキビでできてすぐが有効、早ければ早いほど効果的です。