大人にできやすい顎ニキビの原因はホルモンと深い関係がある

顎ニキビの原因は、ホルモンバランスです。
思春期にできるにきびと過程は同じですが、中学や高校生が悩むニキビは、顎にできることは少ないのです。
いわゆる大人にきびができるのが、顎を中心とする、フェイスラインであると言われています。

思春期ニキビもホルモンバランスが影響します。
それまで多くなかった男性ホルモンや女性ホルモンの過剰分泌が主な原因です。
大人ニキビの場合、それらのホルモンのうち、男性ホルモンの比率が高くなります。

脂肪を含む男性ホルモンが多く出ることで、新陳代謝のリズムが壊れます。
その時、大人ニキビは顎にできやすくなります。

女性の場合、生理前によくできる吹き出物のように、いきなりでき、ひどくなりやすいことが特徴です。
男性ホルモンは、体の防御作用としても働き、人間関係や仕事の悩みなどのストレスや疲れた体を守るときに、大量に分泌されます。
そんな時、新陳代謝が追いつかなくて、あごにニキビが出てしまう結果になります。

顎ニキビはスキンケアとしては、特別ケアをしなくてはならないことはなく、普通の化粧水などで肌の手入れを行えば良いのです。
ただ、しいて言うのなら、新陳代謝を正常に戻すような生活習慣を見直す方が良いでしょう。
ゆっくりと湯船に浸かって、体と精神の疲れを癒やして、体内からのストレスなどの“治療”が効果的です。

できてしまったニキビはきちんと治した方が良いと言われています。
思春期ニキビも大人ニキビも、皮膚科に行くことがベストの治療です。
にきびは皮脂が詰まった毛穴にアクネ菌が付く。

そこから細菌が発生し、化膿したものがニキビ本体です。
皮脂の多いTゾーンではなく、顎にできやすいのは、体内からの異常な皮脂バランスのサインなのです。
炎症も起きやすいし、洗顔などもうまく追いつかない部分です。

食事の改善という点では、ビタミンなどを含む野菜を食べると良いでしょう。
大人にきび用の化粧品等もオススメですが、赤く炎症を起こし、ひどくなった場合には病院に行きましょう。

ホルモンバランスというと、女性の妊娠時期もあごにニキビが出やすいです。
スキンケアもままならない状態だったり、新陳代謝のアンバランスから、肌の状態は最悪になりますが、最低限のスキンケアをしておくことで、出産後は良くなっていきます。

しかし、出産前後のストレスなどがありますから、気になる時には婦人科で相談してみてください。
薬の服用などは勝手な判断は禁物です。