実はストレスが最大の原因!?くり返す顎ニキビはこう治す!

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

顎ニキビの原因はストレスによる、身体の不調が大きく影響します。

しかし、目に見えないストレスがどのように、身体に影響するのでしょうか。ストレスによって顎ニキビが発生するまでの仕組みと、効果的なケア方法をご紹介します。

顎ニキビは心と体のストレスサイン

過剰なストレスを受けると、身体は目に見えなくても、確実にダメージを受けています。そのひとつが、肌の奥から現れる顎ニキビです。ストレスが顎ニキビを作るメカニズムを説明します。

ストレスが顎ニキビを作る仕組み

ストレスとひとことで言っても、実は種類がいくつもあります。温度変化など、実感をしていないことも身体に負担になっています。そこに加えて、疲れやイライラなどの心理的ストレスが加わります。

ストレスの影響をゼロにすることはできません。そのため、人間の身体はストレスに対抗するホルモンが作られます。

抗ストレスホルモンのおかげで、ちょっとしたストレスからは身体を守ることが出来ています。しかし、抗ストレスホルモンが長期間分泌されたり、ホルモンが枯渇することで、身体に不調があらわれます。

ホルモンバランスを崩す原因はストレス

ストレスが顎ニキビを作るまでには、ホルモンバランスの崩れがあります。

抗ストレスホルモンが分泌されることで、同時に男性ホルモンが分泌されます。抗ストレスホルモンが長期間、多量に必要になると、男性ホルモンも過剰になり、それまでのホルモンバランスが崩れます。

男性ホルモンは、顔の下半分に影響しやすく、皮脂を過剰に作り出します。もともと毛穴の多い顎は、皮脂分泌量に対して、肌代謝が追い付かなくなり、ニキビができやすくなります。

ストレスによる不眠と便秘は顎ニキビへ

ストレスを受けると、脳の交感神経が優位となり、興奮・緊張状態となります。脳が興奮状態では、睡眠不足になりやすく、腸の蠕動運動も鈍くなり、便秘を引き起こします。

睡眠が不充分だと、肌のターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下します。そこに、便秘によって発生した毒素が、血液から肌へ排出されます。血液に混ざった毒素が、毛穴の奥で溜まった皮脂で炎症を起こすため、顎ニキビは根が深く、治りにくいのです。

また、長期間ストレスを受け過ぎると、分泌できる抗ストレスホルモンがなくなってしまいます。身体がストレスに対抗できなくなり、疲労を強く感じ、毒素を溜めこむようになります。

特に口周りやフェイスラインは、内臓の毒素の影響を受けやすく、顎ニキビはその代表的なものと言えます。

基本のニキビケアとストレスフリーの習慣

顎ニキビを治すには、ストレスを溜めず、肌の抵抗力を上げていくことが必要です。

顎ニキビの原因は、温度変化や季節の変わり目による、外的ストレスもあります。外的ストレスから肌を守るために、スキンケアを丁寧に行いましょう。

また、皮膚科での治療も受けることをおすすめします。改善が見られることで、顎ニキビ自体をストレスに感じることの軽減になります。適切なケアをすることもストレスを減らす効果的な方法です。

顎ニキビは、肌の奥で炎症が起きている場合が多く、飲み薬で内側からの治療も効果的です。塗り薬だけで改善が見られない場合は、皮膚科を受診して、飲み薬の処方を相談してみましょう。

外的ストレスからはスキンケアで守る

治療と並行して、普段のスキンケアで、基本ケアを見直しましょう。

洗顔はよく泡立てて、肌に刺激を与えないように洗うことが重要です。保湿ケアに重点を置いて、洗顔後は化粧水でしっかり肌に水分を与えます。水分を逃がさないために、乳液やクリームで仕上げましょう。

ストレスによって、硬くなりがちな肌はマッサージも効果的です。顎ニキビに刺激を与えないようにして、実践してみましょう。

ストレスの溜まらない生活習慣に

ストレスはどうしても毎日発生するものです。生活習慣を整えることで、肌や内臓を修復し、ストレスで受けたダメージをケアすることができます。

栄養を考えた食事

ストレスから身体を守るために失われる栄養素の多くは、肌を健康に保つことができる栄養素でもあります。必要になる栄養素をしっかり摂り、補うことで、ストレスに備えます。

肌ケアにもストレスケアにも必要な栄養

ストレスから身体を守るビタミンは主に、ビタミンCとビタミンB群です。

ビタミンCは野菜や果物から摂ることができます。熱や水で失われやすいため、生食か加熱時間の短い炒め物がおすすめです。抗ストレスホルモンの分泌で失われやすい栄養素のため、積極的に取り入れましょう。

ビタミンB群は、脂質代謝を促す効果もあるため、ニキビ予防に最適です。さらに、神経の正常な働きを助けることで、ストレスによって乱れた精神状態を安定させることができます。ビタミンB群はレバーやうなぎ、カツオやマグロから摂ることができます。

極端なダイエットや好き嫌いを控えて、バランスの良い食事を心がけましょう。

しっかり睡眠をとる

せっかくの睡眠時間も、脳の交感神経が優位なままでは、熟睡できていません。

睡眠で大切なことは、入眠直後から3~4時間熟睡することです。その時間に熟睡することで、日中受けたダメージを修復できます。

脳の交感神経を鎮め、副交感神経を優位にさせるのは、脳と身体のリラックスさせる環境づくりが必要です。充分にリラックスした状態が、質の良い睡眠を促します。

ベッド周りの環境を整える

寝具やパジャマを、ベージュなどの淡い色に整えることがおすすめです。照明を間接照明や、暖色にし、強い光を避けることも大切です。

寝る直前までスマートフォンやパソコン、テレビを見ている人は、寝る2時間前までに電源を切り、眠る準備を優先しましょう。

熟睡のベストタイミング

理想の睡眠時間帯は、22時から2時の間と言われていますが、忙しい現代人にとっては難しいですよね。これよりも、寝始めの4時間を熟睡する方が現実的です。

そのためには、夕食は眠る時間の3時間前に、入浴は2時間前に済ませましょう。人間の身体は体温が下がってくると眠くなる仕組みがあります。それを利用して、眠った直後に熟睡できるよう、調節しましょう。

リフレッシュできる運動

ストレスによって、緊張状態が続くことで血行不良となり、肌にも栄養が行き届かなくなります。適度な運動は、筋肉をほぐし、心身をリフレッシュさせ、肌に栄養を行き渡らせます。

また、積極的に汗をかくことで、皮脂を一緒に追い出し、ニキビ予防にもなります。汗をかいたら、洗い流すか、ふき取るようにして、肌の清潔を保つことも忘れずに行いましょう。

身体に負担をかけない有酸素運動

激しい運動は、身体に負担となり、かえってストレスとなってしまいます。ゆっくりと深呼吸が出来る、ヨガや、30分程度の軽いウォーキングなどがおすすめです。

疲れやイライラが続くときは、深呼吸しながらゆっくり歩くなど、試してみましょう。

顎ニキビに悩まない快適な生活を!

顎ニキビは、心と身体のストレスが大きな原因です。そのため、肌ケアだけでは治りにくかったり、繰り返してしまい、それもストレスにつながります。

ストレスは皮脂バランスに影響を与えるため、スキンケアをしっかり行っていても顎ニキビの原因になります。
なので、適度な運動やアロマでリラックスなどして、ストレス解消をし顎ニキビ対策を行いましょう。

顎ニキビだけでなく全身にできるニキビに悩まないためには、健康な生活とリラックスできる時間を日々持つことが大切です。

何事にも全力で取り組む人はストレスを溜めこみやすい傾向にあります。顎ニキビに悩むよりも、身体からのサインと素直に受け止め、まずは身体を休めましょう。

意外と背中にもニキビは出来やすいです><
背中ニキビケアもしっかり行なって全身ニキビ知らずになりましょう♪